それまではただ1人で黙々と車を走らせてドライブを楽しむ、また親の買い物に付き合って車を走らせるって感じでした。
だけど、大学の友達の中で自分と同じように車が大好きなやつを見つけてからは、彼と一緒に走りに出かけていく事が多くなりました。
週末になると必ずドライブに出かけて行く、ただ2人で車を走らせているだけなのだけど、それ自体がとても楽しくてしかたがない状態でした。
お互いに車が好きだと言うだけで、趣味も一致するために話もとにかく盛り上がってしまうのです。
さんざんドライブを楽しんだ後は、ファミレスによってさらに車談義に花を咲かせていく、これが我々のいつもの行動になっていたのです。
やはり好きなものにたいしての話というのは、話の種が尽きないって感じがします。
何度でもさまざまな事を話しあって、お互いに盛り上がることができていました。
僕もそうですが、友達も結構なのめり込み具合で、いろいろとアクセサリーなんかも買い込んでしまっているみたいでした。
充実したキャンパスライフと言ってもいいんじゃないかと思うのですが、それでも一つだけ物足りない部分があります。
それは彼女ができない事でした。
車ばかりに興味があってそのことだけを考えているのだから、女の子からなかなか相手にされないのはしかたがないかもしれませんね(笑)。
欲求不満は利き腕でシコシコとやって、暫くはこれで我慢すればいいかなって感じがしていました。
できれば彼女を作ってエッチしたいけど、それでも車をまだ優先したい気持ちもありました。
しかし、車好きの友達からとんでもなく魅力的な関係を教えてもらっていく事になってしまいました。
恋人ではないけれど、リーズナブルな価格で気持ちよくなることができる方法があると言う事を教えてもらうことになっていきました。

 

定番サイト登録無料
プチ援サイトBEST5
フェラ抜きしてもらう素人女性を調達するなら